わきが対策のクリームやジェルなどを比較しランキング形式で紹介しています

わきがで悩んでいる方の中には、「手術をしなければ治らない」と思っている方が多いです。
そして手術は高いからお金に余裕ができたらと、ズルズルと引きずってしまう方が多いです。
そんなことはありません、わきがは適切なわきが対策クリームやわきが対策ジェルを使えば自宅で解消することができるのです。
わきがでお悩みの方は、わきが解消クリーム・ジェルを使いその悩みを解消してしまいましょう!

ラポマイン

わきが対策クリーム比較ランキング堂々の1位はラポマイン!
ラポマインは、わきがに非常に効果が高いと言われているジェルクリームタイプのわきが対策クリームで、日本最大の美容総合サイト@cosmeデオドラント部門口コミランキングで1位を獲得する程の人気です。
わきがの原因と言われているアポクリン汗腺、ラポマインはわきを保湿ケアをすることで、わきがの原因を撃退できます。
ベタつかないも口コミで人気の理由で、5~10秒程度でサラサラの腋になり、洋服が汚れる心配も無く安心して手軽にケアできるのも特徴です。
5,980円と非常にリーズナブルで、まさかの90日間全額返金保証も付いています!!
コンパクトでかわいいチューブ式なので持ち運びにも便利、いつでもどこでもラポマインで臭いの悩みを解消しちゃいましょう。

クイックダッシュ

わきが対策クリーム比較ランキング2位はクイックダッシュ!
クイックダッシュはクリームではなくジェルタイプですが、他のわきが対策クリーム並みに脇臭・皮膚汗臭・制汗効果が抜群の、人気のわきが対策ジェルです。
そして「医薬部外品」を取得した信頼できる薬用消臭剤です。
抗菌力の高いアルミニウムイオンにより皮膚を清潔に保ち、クロルヒドロキシAの作用で優れた制汗効果を発揮します。
脇はもちろん、足の臭いで悩んでいる方にもオススメです。
わきがでお悩みの方は、まずクイックダッシュでわきが対策をしていきましょう。

薬用デオラボクリーム

わきが解消クリーム比較ランキング3位は薬用デオラボクリーム。
デオラボクリームは最近話題のミョウバンが配合された優れた消臭・制汗・制菌効果を持つ、わきが解消クリームです。
茶カテキンやタンニンを含む茶エキスも配合されており、さらに殺菌作用の高いサリチル酸ナトリウムも配合。
サクラ葉エキスも配合されているので肌に優しく、健やかな肌を保つことができます。
わきが用クリームタイプなのでジェルタイプが苦手な方にもオススメです。

濃い柿渋石鹸

わきが対策クリーム比較ランキング4位は濃い柿渋石鹸。
濃い柿渋石鹸は、わきが対策クリームでは無いものの、わきが解消に効果があるということでランクイン。
元々は加齢臭対策石鹸ですが、わきが解消にも効果があると口コミで広がり絶大な人気を誇っています。
シソエキス・柿タンニン・ミョウバン配合で身体から臭いの元を消し去るわきが解消石鹸です。
しかし継続的に続けてわきがを解消するタイプのケア用品なので瞬間的な効果は薄いのも事実。
わきが対策クリームやジェルで日中のケアをし、入浴の際に濃い柿渋石鹸を使うという組み合わせがオススメです。

わきが対策にクリーム+石鹸

上記わきが対策クリーム比較ランキングで、様々なわきが対策製品を紹介してきましたが、臭いが気になる方はいくつかのケア用品を組み合わせることをオススメします。
基本的には比較ランキングの1位2位3位の、わきが対策クリーム・ジェルと4位5位の石鹸orボディソープ(【わきがは薬で治す】Noわきが)で本格的にわきが対策をすると良いでしょう。
また、どうしても仕事で汗をかくことが多い方は、合わせてサイトの左メニューにある、わきが対策グッズの「汗止帯」を、わきが対策クリームと共に利用するのも良いと思います。
わきがを治療するのに高額な治療費を出してまで手術をする必要はありません、自宅で適切なわきが対策クリームなどでケアすることでわきがは解消することができます。
わきが対策クリーム・ジェルを上手く活用し、わきがの悩みを解消してしまいましょう。

不動産売却のトラブル防止と差別化~中古住宅・売主編~

これから不動産を売ろうと考えると「果たして売れるのか」「いくらで売れるのか」という不安が浮かびます。そして無事買い手が見つかりお引渡し後に不具合が見つかったとしても修繕・補修のトラブルに発展することもあります。そうなる前の住宅診断(ホームインスペクション)は買主側だけでなく売主側にもメリットがあります

2016年1月から不動産ネットワークレインズが住宅性能・品質等に関する情報項目を追加

国内の売却不動産情報を一括管理しているネットワーク「レインズ」では、いよいよ2016年1月(1月4日運用開始予定)に住宅性能・品質等に関する情報項目の追加をします。その中の一つに建築士等の建物検査報告書があります。目的は「中古住宅市場の活性化に向けて、消費者に対する情報提供の充実を図るとともに、性能や維持管理状態の良い中古住宅の差別化を図るために、住宅の性能・品質に関する情報の登録」とあります。売るための差別化です。
「少しでも質の良い中古住宅を」と考えている買主に「現状有姿」で引き渡す「よくある不動産売買」は、いつまで通用するでしょうか。よほど物件の状態が良い以外は他の物件との差別化がしにくくなるのではないのでしょうか。

今回新たに追加された項目を見る限り差別化しやすいのは、やはり「建築士等の建物検査等の報告書」=「住宅診断」です。他の追加項目は「新築時の公的認定住宅」や「リフォーム修繕記録」「耐震診断」など現在流通している住宅でチェックできる物件は少ないのではないのでしょうか。

不動産売却のトラブル防止のコツとポイント

これまでの「不具合チェック」と言えば売買契約書に物件の現況報告や設備に関する情報を添付してきました。記入する売主側が目で見てわかる範囲で構造や設備の機能・故障の有無を記入してきました。

ただし売主は住宅診断のプロではないので不具合に気づかず、売却後トラブルになり修繕・補修費用の負担トラブルに発展することも見られます。

住宅診断(ホームインスペクション)は専門知識をもった検査員が基礎や構造、防水、給排水など多岐にわたるチェック項目を検査・確認していきます。
修理の必要性や修繕・補修費用の目安などにもなるため売主が補修するか現状のままかを選ぶことが出来ます。

もちろん修繕・補修すれば売却に有利に働く可能性もあり、しない場合でも専門家の診断結果を引き継げるのですから買主側に安心感を与えます。

自宅又は持ち家を売却する際の差別化として住宅診断を利用しレインズに診断報告書済物件として登録されることが他の物件との差別化となり買主の安心につながると考えます。